KUROMARUのこだわりが詰まったTVCM

「どこにでもいそうなサラリーマンに唐揚げを食べさせずに、逆再生により唐揚げができる工程、さらにはこだわりの原料に遡り、調味料としてなくてはならない黒にんにくまで行き着くという新感覚CM。一度食べた...見たらやみつきに。」

うまみタイマー

うまみタイマーとは

唐揚げはご注文を頂いてから調理いたします。5分~7分ほどかかります。うまみタイマー(電話)でお電話していただいてうまみタイマーを押していただけるとスムーズにお渡しすることができます。ぜひご利用ください。

登場人物紹介

唐戸 揚牙太 カラト アガタ

宮崎を離れ修行をしていたが17年ぶりに帰ってきた。

結構強い。

唐揚げの匂い大好き。

地筋 大数寄 チキン ダイスキー

通りがかりの自称高校生。メガネを外すとどこかで見た顔になる。

チキン南蛮大好き。

第一話
橘通からあげ屋くろまるとの出逢い 編

ここまでのあらすじ

「中枢神経をやられちゃうような香りに嗅覚を刺激された唐戸揚牙太はその正体を暴くべく、いざ店に近づくのであった。1袋500円と手頃か手頃じゃないか微妙な値段ながら、中を覗くとゴロゴロとでかい唐揚げが4つも入っていたので、コスパ的にはクリアしたと判断した唐戸は、調査を再開するのであった。」

第二話
うまみ唐揚げの素材と作り手を妄想で振り返る 編

ここまでのあらすじ

「この唐揚げに使われているだろう“うまみたれ”と“黒にんにく”の存在意義と通販サイトを確証した唐戸は一瞬意気消沈するがなんとか立ち直り、いよいよ口に運ぶ体制を整えるため集中してパワーを増幅させるつもりがすっかり唐揚げの魅力に脳みそはやられていて、ただ食べたいという衝動にかられるのであった。」

第三話
食す。そしてShareからあげの誕生秘話 編

SpecialThanks 伊地知 貴幸
エピローグ

「こうして“からあげ屋KUROMARU”の唐揚げを脳裏に焼き付けた唐戸は全国に広めようと決心したが、一瞬考えたあとまずは宮崎市内だと範囲を狭め...いやターゲットを絞り走り出すのであった。」

店舗案内

「KUROMARU」の唐揚げは、ご注文を頂いてから調理いたします。5分~7分 かかりますので、事前に“うまみタイマー”でご予約いただけるとスムーズに お渡しすることができます。ぜひご利用ください。

お得なポイントカードぜひご利用ください。

店名
からあげ屋KUROMARU(くろまる)橘通店
住所
宮崎市橘通東3-2-8 エレガンスプチ1F
TEL / FAX
0985-27-1007
定休日
火曜日
営業時間
11:00 ~ 19:30
店名
からあげ屋KUROMARU(くろまる)大野城店
住所
福岡県大野城市雑餉隈町3-2-8メゾンドールⅡ102
TEL / FAX
092-707-9050
定休日
木曜日
営業時間
11:00 ~ 20:00

お問い合わせ

携帯のメールアドレスでも大丈夫です。

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください